子育て 仕事 両立 ワーママ アラフォー 映画 本 読書 感想 フリーランス 起業 正社員 40代 生き方 プライムビデオ 

子育てと正社員の仕事の両立にぎりぎりな40代の母ブログ

子育てしながら正社員として仕事しています。40代の母のブログです。コピーライター、読書、映画、プライムビデオ。育児の悩みや仕事の悩み、広告、マーケティング、家族のこと、ふと思うことを綴ります。

S.W.A.T な日々にウインクを シーズン1、2が今なら無料

 

 

SWAT(スワット)のシーズン1と2がAmazonプライムでやっと無料配信になりました〜\(^-^)/

 

なんですが、貼り付けリンクがないです。。

なので、主役のホンドー演じるシェマー・ムーアのブロマイドを貼っておきますね。

 

 

f:id:tsubatarou:20210816201918p:image

吹き替え版ですよ。

 

今回シーズン4の放送が始まったみたいで、その影響でしょうか。

 

まだ私も2までしか観ていないので、3も4も全然分からないですが、大好きです。

 

ロス市警のスワット部隊が活躍するストーリーなんですが、現代的な社会背景を盛り込んでいて、

強い!

逞しい!

カックイイ!

だけじゃないそれぞれの日常の悩みや問題も絡み合う、幅広い人が楽しめる構成になってます。

 

ここが面白い!S.W.A.T 

めちゃくちゃテンポが速い

さすがのアメリカドラマ!毎回、事件起こって解決します。

彼らはロス市警のとても優れた特殊な部隊なので、ズビシッとギャングや犯罪者を制圧して終わりまして、毎回ストレスなく溜飲がスッキリ下がります(*´ω`*)

 

ちなみにWikipediaによれば、「SWAT」はSpecial Weapons And Tactics(特殊武装及び戦術)の略称ってことらしいです。

 

 

個性豊かなSWATチームメンバー

いかついスキンヘッドで慈愛深いアフリカ系ホンドーをリーダーに、子沢山の信心深いヒゲのディーコン、じいさんから3代SWATで、彼女と別れる度に住む家がなくなるルカ(まあまあいい歳)、女性がマイノリティであることで、時に組織と対立しつつ、実力はあらゆる方面で優れている、かっこかわいいクリス、堤真一似で親しみやすいアジアンな若者で金髪彼女がいるタン、幼い頃、お母さんがDVお父さんを撃って、お母さんが刑務所に入っている間に頑張って警察官になったストリート。

 

みんながさまざまな悩みを抱えながらも仲が良くて。

一応ホンドーが主役。

でホンドーは上司のジェシカとこっそり付き合ってるんですが、上手くいかないんですよね。

警察組織でかつ2人とも管理職だし、上司部下だし。

なんで?てなくらいに、2人とも仕事できるし、誠実な人たちだし、いいじゃん…(*´Д`*)

 

社会問題をしっかり盛り込む

あと、スワットが活躍するのは、まあまあ大がかりな犯罪捜査や犯人グループ逮捕だから、裏社会の闇犯罪とか銃の問題とか、地域による貧富差、格差社会などなど、アメリカの現代社会の課題をまあまあえぐりだしてます。

 

まあまあストレートです。

さすがアメリカドラマ。

 

特にね。人種問題は結構、頻度高く盛り込まれていて、ホンドーがリーダーに選ばれたいきさつから、サウスロサンゼルスで多い貧しい家庭に生まれ育ったこと、幼なじみはギャングだったり、あと仕事から離れて出会う日常の出来事まで、アフリカ系アメリカ人として、ホンドーの痛みや苦しみと一緒に微細に描かれています。

 

だからこう、バリバリのアクションドラマとか勧善懲悪モノとは全然違っていて。

 

とにかくホンドーという人物がすごい人間性もあって、それでいて高い戦闘能力を備えた優れたリーダーであって、ほかのメンバーも人間味が染み出ていて、人間模様や社会ドラマとしての魅力もてんこもりなのが、現代版SWATちゅーことです。

 

ちなみに70年代にもSWATってドラマがあったらしく、なんかうっすら聞いたことはあるんですが、どんな展開のドラマだったのかは知りません。

…まあ知らんでいいかなと。

 

 

 

アメリカとはいかに

小学生の息子が横でSWATを一緒に観てて(テーマソングがイッテQで使われてるので気になったよう)「アメリカってこんな撃たれまくるんや。怖い国やなあ」と言っていて、いやこれドラマだから〜と言おうとしたんですが。

 

確かに舞台がスワットだから毎回銃撃戦あるんだとしても、日本の警察ドラマでこれだけ銃撃戦があればかなり非現実で荒唐無稽なわけで、それを一応現在のアメリカを舞台としてドラマを成立させているのは、ある程度、あのドラマの展開が現実としての説得力があるのかなぁ、と考えると。あながち、現実は程遠いわけではないのかも…?

実際どうなのか、知らないのでなんともですが。

 

あの犯罪大国ぶりの中、みんな実に逞しく生きてるなぁと。たとえばストリートのお母さんとか、ヤバいDV夫を子供を守るために撃ち殺した悲しみの母、なんかで演出されず、刑務所にいながら息子をコントロールして自己防衛しようとするヤク中だったりするし、ストレート自身、施設(アメリカではグループホームというらしい)や里親の元で育って、不安定でチャラ男ぽいながらもスワット隊員として失敗しながら成長していくとか。

ホンドーもお母さんはいい人だけど、育った環境は良くなかったしお父さんとは確執があったり。

 

そういう社会のなかで治安を守るスワットなわけなんですが。逆に、ムキムキーとかそんなんを期待してる人はあれーと思うかも…いや確かにでも、みんなムキムキですけど

 

とにかく一枚も二枚もうわ手な展開で、こんなドラマを作るアメリカってなんなんだろなぁ、すごいなぁと思いつつ、毎回楽しく観ていました。

 

3も早く無料になりますように、楽しみ(*´∇`*)

 

右サイドクリア!

左サイドクリア!

オールクリア!