子育て 仕事 両立 ワーママ アラフォー 映画 本 読書 感想 フリーランス 起業 正社員 40代 生き方 プライムビデオ 

子育てと正社員の仕事の両立にぎりぎりな40代の母ブログ

子育てしながら正社員として仕事しています。40代の母のブログです。コピーライター、読書、映画、プライムビデオ。育児の悩みや仕事の悩み、広告、マーケティング、家族のこと、ふと思うことを綴ります。

テレワーク、リモートワークで、ホントに仕事してんのか?疑惑について

もうかれこれ、何年も社会人というか、組織の人間やってきて、組織ってあれですよ。

FBIとか悪の組織とかじゃなくて、会社勤めですけども。

何年やってても、「…合わないなあ」と定期的にがっくりくる時期が巡ってくるんですね。

 

で、なんでそんな組織が合わないかって考えたりもするんですが、

意味不明なトップダウンの指示に従いたくない

同調圧力がしんどい

とかももちろんあるんですが、

 

いちばんはやっぱり

管理されたくねー

というか。

 

何時に何をしようと目的達成してたら別に問題なくない?

っていう思考が出ちゃあ消えてを繰り返してる時があります。

 

もう

朝の9時出社する意味

とかそんなんまで疑問に思っちゃう時があり

 

そんな人間がこの世界で組織で逞しく生き抜けるのか?といえば、まあまあやっかいなんではないかと思う次第です。

 

そして、そんな私なのに、そんな私に限って、妙に管理されてしまうんですね。

 

今日何を何時間したか?を書けと言われています。

毎日。上司から。

 

理由は、実はうちの部署がひまなんじゃないか?って幹部が言っているらしく。いや、ヒマって…笑。リモートワークの人増えたから会社も不安なんでしょうね。あと自分たちがヒマなんだろうな。

 

私はそんなことに時間使うより、ちゃんと生産性上げる方法を考えませんか?と上司に訴えました。

 

中間管理職の上司からは返事はありません。

 

で、管理シートに何を何時間したかを書いていくんですが、やったらやったで、自己管理ができて意外と便利だったりします。

 

スケジュールたててタスクを完了させていくだけっていうか。

 

ただ、まあそんな管理嫌いの私の主観を指し抜いても、リモートワークに対する、あいつホントに仕事してんのか??という不安を解消するには、管理を厳しくするのじゃ効果ないと思うんですよね。

 

まずひとつには、きちんと目標立てて、そこに向かうこと。向かってタスク切っていくこと。

中長期を見通した目標を土台に、週次や毎日のミニタスクのレベルで完了していく。内容は上が決めずに個人やチームで決める。

 

もうひとつは、基本タスクとは別に、新しい企画やプロジェクトに取り組むこと。なんでかって、人って決められたことをこなす喜びもあるけど、何にもないところから自分で考えて、日々に創造する喜びがあれば、おのずと前向きな動きになっていくからです。

 

自分はそう。

 

管理シートは、さまざまなタスクを可視化して整理して自分で効率化をつかんでいく訓練の手段に利用するべきというか。

 

同じ管理でも、押し付けられたものでなく、主体性のある管理にしていくんです。

 

ということで、管理もいいけど、人に怠けられたくないなら、仕事の意味や価値、目的を与えることが先決じゃね?

 

というそれだけの話でした。