子育て 仕事 両立 ワーママ アラフォー 映画 本 読書 感想 フリーランス 起業 正社員 40代 生き方 プライムビデオ 

子育てと正社員の仕事の両立にぎりぎりな40代の母ブログ

子育てしながら正社員として仕事しています。40代の母のブログです。コピーライター、読書、映画、プライムビデオ。育児の悩みや仕事の悩み、広告、マーケティング、家族のこと、ふと思うことを綴ります。

ハズキルーペは何歳で買いに行くべきか

前々から、うっすら気づいてはいました。

 

本が…読めない!

 

コンタクトやメガネをしていると、

本を目から30センチ以上は離さないと

文字が見えないというか、

遠近感がバランス崩して

文字が迫ってくる感じが怖いというか、

焦点が定まらず視覚が

脳にきちんと伝達されてないというか

情報が過多すぎて不快になるというか

この感覚は何なんでしょうか。。

 

これが例の…老眼なんでしょうか。

とにかく、ただ見えにくいとか読み取れないとかでなくて…

 

疲れるし、気持ちもしんどくて。

 

ところがですよ。

 

私は裸眼は超近眼なんですが、

 

裸眼で読むと!あら不思議(´∀`*)

読める!

さくさく読める!

 

近眼バンザイ(=´∀`)

 

でもねー、裸眼だと、読書以外はめっちゃ不便。

 

テレビも見れないし、ご飯作れないし、洗濯干せないです。

 

だから、対策としては、

 

コンタクト、メガネで家事やテレビ、読書やスマホは、裸眼でする。

 

なかなかめんどくさいです。

 

だからって、ハズキルーペとか、老眼鏡を買うべきなのか。

 

探しに行くべきなのか、分からないお年頃です。

 

とりあえず老眼鏡 40代 女性でググッたら

3000円代のが結構出てきたから、それくらいから入門すべきなのか。

 

その前に、老眼鏡はどういう時にどう使うのが正解?

 

近眼の場合とそうじゃない場合の違いがあるのか?

 

…ああ何も分からないです。

 

こんなにも分からないことがあるなんて。

 

テレビショッピングとかで老眼鏡の「こんな時に老眼鏡!」みたいな事例ミニドラマを結構観てた気がするんです。なのに、結局、自分ごととして観てないから何にも頭に入ってない。

 

出てくる役者さんも40代じゃないですよね。そりゃ自分ごとになりにくいです。老眼鏡のミニドラマは、40代の役者さんを起用して欲しいです。

 

老いによってこれからも出てくるでしょう、初体験が。できたことができなくなることが。

 

そのひとつひとつに、この先30年イライラせずに、あるがままをぼんやり受け止めていけますように。

 

とりあえず今すぐ困る!ってほどのこともないかなぁと思うので、本は耐えられる限りのペースでゆっくり読むことにして、老眼鏡はもっと自己ニーズが高まったら考えるとして…

 

今は何もしない。

 

本を読まなくても生きてはいけるしー

という心持ちになろうとしていますが読めない辛さより、読まない言い訳な気もします。

 

いやほんとにでも

当たり前ができなくなる

モチベ下がる

何も手を打たない

我慢して文句を言うだけ

 

これが老いの害かもしれません。

我ながら、こわい!

…まあそれもありか