子育て 仕事 両立 ワーママ アラフォー 映画 本 読書 感想 フリーランス 起業 正社員 40代 生き方 プライムビデオ 

子育てと正社員の仕事の両立にぎりぎりな40代の母ブログ

子育てしながら正社員として仕事しています。40代の母のブログです。コピーライター、読書、映画、プライムビデオ。育児の悩みや仕事の悩み、広告、マーケティング、家族のこと、ふと思うことを綴ります。

読書をしない女子たちへ

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2」やっぱり羨ましいしa change is gonna comeなのだ

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2 作者:ブレイディみかこ 新潮社 Amazon ブレイディみかこ 2021 「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2」 やっと読みました。 我が家の息子が表紙のイラストみて、「この絵、ちょっと好き」と言って…

生きづらさやら貧困やら。いろいろひっくるめたうえで、第三の道は可能か「他者の靴を履く」ブレイディみかこ

他者の靴を履く アナーキック・エンパシーのすすめ (文春e-book) 作者:ブレイディ みかこ 文藝春秋 Amazon 他者の靴を履く 2021 ブレイディみかこ 第3の道。 というものがあればいいなぁと思っています。 既存のものではない、新しい選択肢。指針。あるいは…

絶望の中の希望を描くのは生半可ではない

滅びの前のシャングリラ 作者:凪良ゆう 発売日: 2020/11/09 メディア: Kindle版 作者買いしました。 凪良ゆうさん。「流浪の月」良かったので。 「流浪の月」とはなんだか違いました。 1ヵ月後に惑星が地球にぶつかり滅亡する。 その時に日本で暮らす5人の物…

赤の他人だから、救えることがある

52ヘルツのクジラたち 作者:町田そのこ 発売日: 2020/04/21 メディア: Kindle版 「52ヘルツのクジラたち」町田そのこ 2020 孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会い、新たな魂の物語が生まれるー という帯だけの前情報で読み始め、冒頭だけ読んですぐ…

自分を大切に扱うには<マインドフルネスとスキーマ療法②>

ケアする人も楽になる マインドフルネス&スキーマ療法 BOOK2 作者:伊藤 絵美 発売日: 2016/09/09 メディア: 単行本 さてマインドフルネスが、自己流でもできそうな自分癒し方法であるのに対して、スキーマ療法はどうかということですが、まずスキーマ療法と…

私は癒やされたい<マインドフルネスとスキーマ療法>

ケアする人も楽になる マインドフルネス&スキーマ療法 BOOK1+BOOK2 2冊セット メディア: セット買い 「癒し」 どんな人にもどんな時にも少なからずの癒しは必要なんだと改めて思いました。 著者の伊藤絵美さんは、臨床心理士、いわゆるカウンセラーです。 伊…

エゴは悪か。「ブルーロック」が語ること

ブルーロック(13) (週刊少年マガジンコミックス) 作者:金城宗幸,ノ村優介 発売日: 2021/03/17 メディア: Kindle版 一言でいうなら、今どきのロジカルなZ世代的思考実験とでもいいますか。 日本がサッカーで強くなるには もっといえばワールドカップで優…

速報「ミステリと言う勿れ」もうすぐ8巻発売だから、予約してみた

ミステリと言う勿れ(1) (フラワーコミックスα) 作者:田村由美 発売日: 2018/01/29 メディア: Kindle版 田村由美さんといえば私は断然「BASARA」が大好きで、学生時分に感動しながら読んでました。 BASARA(1) (フラワーコミックス) 作者:田村由美 発売…

恋愛の依存と自由の二律背反/私が私であるために

恋愛中毒 (角川文庫) 作者:山本 文緒 発売日: 2012/10/01 メディア: Kindle版 恋愛に程遠い環境とメンタルにいる私ですが、今回は自分のこれまでとこれからの生き方を絡めて、「今だからこその私の恋愛観」を見いだしていきたいと思います。 恋愛とタイトル…

なんで当たり前ができないの?社会適合の外側に子育ての可能性はあるか ネタバレあり

推し、燃ゆ 作者:宇佐見りん 発売日: 2020/09/10 メディア: Kindle版 芥川賞! 21歳! 読みました〜。 すぐ読めます。直木賞か?と思ってしまうくらい、とにかくさらさら読めます。 すごく面白かったです。読む人の五感に響く生々しい文章にとても魅力を感じ…

母はなんで暴走族マンガを読んでるんだろう

東京卍リベンジャーズ(1) (週刊少年マガジンコミックス) 作者:和久井健 発売日: 2017/05/17 メディア: Kindle版 娘が「めっちゃおもろいねん」と熱く語るので、へー「新宿スワン」の作者なんや、新宿スワンは面白かったからじゃあ読んでみようかなあーっ…

孤独だから、リリカルに生きたい。萩尾望都「ポーの一族」

ポーの一族(1) (フラワーコミックス) 作者:萩尾望都 発売日: 2012/10/05 メディア: Kindle版 ポーの一族 復刻版 コミック 全5巻完結セット (フラワーコミックス) 作者:萩尾 望都 発売日: 2016/05/10 メディア: コミック 巨匠と呼ばれ、名作と呼ばれ。 で…

「星の子」中学生を救うのは家族でも友達でもない場合だってあるよ

星の子 (朝日文庫) 作者:今村 夏子 発売日: 2020/01/31 メディア: Kindle版 うわぁ。 今村さんステキやん 作家の感性とそこから導き出す一瞬の記憶や、言葉を紡いで生まれた物語って、感じ しんみりと遠い目になりました… 中学生の物語パート2 優しくてやわ…

「カラフル」中学生の私、頑張って生きてた

カラフル (文春文庫) 作者:森 絵都 発売日: 2020/04/17 メディア: Kindle版 「カラフル」森絵都 売れていた記憶。 ネタバレしないで読んだ方がいい本です。 1998年の作品なんですね。古さを感じません。 中学生の子供に読んでもらいたいな、という動機から手…

笑顔がかわいい三島由紀夫。NHKスペシャルにて

紅葉が美しい季節です あまりの美しさに、スマホ取り出しパシャってしまいました。↑絵じゃなく加工なくホンモノ! 美しいものって、とどめておきたくてはがゆいですね。でもひとときの夢みたいなものだから、人は忘れないのでしょう。 三島由紀夫の小説も、…

文章上手い!学びたい!鴻上尚史さんの悩み相談

https://dot.asahi.com/keyword/%E9%B4%BB%E4%B8%8A%E5%B0%9A%E5%8F%B2/ 鴻上尚史さんが、悩み相談をやっています。 AERAのオンラインですね。書籍化もされています。 鴻上尚史のほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋 作者:鴻上 尚史 発売日…

私を救う言葉の旅

もんもんモヤモヤとする日もありますが、自分にとって小さな一つひとつを「乗り越える」ために必要な読書について考えてみました。 もんもんモヤモヤは、しんどいものです。何がしんどいかというと、見えないこと。見えないから対処する術が思いつかないこと…

サバイバル力ないですけど、何か?

自殺島 白泉社 自殺島 1 (ジェッツコミックス) 作者:森恒二 発売日: 2013/06/10 メディア: Kindle版 アラサーの友人にオススメされて、読みました。 彼女は読んで「自分の今がどれだけ恵まれてるか」って感じたそうな。 もし、今の文明や便利な暮らしがなく…

官僚の闇と会社の闇はまあまあ似てる「私は真実が知りたい   夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ?」

私は真実が知りたい 夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ? (文春e-book) 作者:赤木 雅子,相澤 冬樹 発売日: 2020/07/15 メディア: Kindle版 「私は真実が知りたい 夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ?」 赤木雅子 相澤冬樹 2020 文藝春秋 最近、「忖度」…

『MAPS』でいつでもわくわく世界旅行

マップス 愛蔵版 新・世界図絵 (児童書) 作者:アレクサンドラ・ミジェリンスカ&ダニエル・ミジェリンスキ 発売日: 2019/09/13 メディア: 大型本 おばあちゃんから、子供の誕生日にプレゼントしてもらった『MAPS』。でかい! 大きな本を広げたら、見開き一面…

「暗幕のゲルニカ」ピカソのゲルニカ、今いずこに。

暗幕のゲルニカ 原田マハ 2018 新潮文庫 うちに小さなゲルニカの磁石があります。我が家の冷蔵庫に張られています。 誰にもらったのか忘れましたが、どこかのお土産だったと思います。 ピカソの「ゲルニカ」が戦争を描いていることは、ゲルニカの磁石を誰か…

ドイツの児童文学作家が100年前に描いてる「少年ジャンプ」あります

新訳 飛ぶ教室 (角川つばさ文庫) 作者:エーリヒ・ケストナー 発売日: 2012/09/15 メディア: 新書 「飛ぶ教室」エーリヒ ケストナー 那須田淳 木本栄 訳 角川つばさ文庫 高校生か大学生くらいだったと思います。 私が「飛ぶ教室」を読んだのは。 児童文学って…

「乳と卵」じわるなぁ…泥臭い女子讃歌

川上未映子 2010 文春文庫 大阪の女性が醸し出す泥臭さが、自分の根っこの感性に引っかかってリンクする時があります。「乳と卵」がまさにそれでした。 あ、川上未映子さんって、コメディなんだね。 なーんて思うくらいにじわっとユーモアが光る短編です。 3…

うちの子が"勉強ができない"のは何故なのか?

「ケーキの切れない非行少年たち」谷口幸治 2019 新潮社 うちの中学生の子供は、いわゆる"勉強ができない子"に属しております。通知表はオール2をたたき出し、5教科500満点中、だいたいいつも、200点に届きません。勉強を嫌いだと公言してはばからず、宿題を…

村上春樹のエッセイに親近感爆上がり(=´∀`)人(´∀`=)

「猫を捨てる」村上春樹 2020文藝春秋 本はいつも、文庫化されてから買うので、ハードカバーは、安売りか古本でしか買いませんが(多崎つくるはハードカバーがAmazonでセールだった)、 「猫を捨てる」はなぜか、新品をハードカバーで買いました。表紙のイラス…

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」“村上春樹を読む"ということ。

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」村上春樹 2013 文藝春秋 悲しいとき、自分の気持ちをどのように扱えばいいか分からない。そんなときは村上春樹はいかが? ああそうか。村上春樹は、悲しみを書いているんだと、初めて深く理解できた気がしまし…

「聖なるズー」対等性と愛とセクシャリティ

「聖なるズー」濱野ちひろ 2019 集英社 いやあ面白かった! ドイツの動物性愛者の団体に密着取材したノンフィクション。 好きなブロガーさんがおすすめしていたんですが、読む前は、ドキドキしてました。正直、え!動物と?それってスーパーバタードック…と…

「楽園のカンヴァス」アート畑出身原田マハさんの真骨頂

「楽園のカンヴァス」原田マハ 新潮文庫 2014 原田マハさんは何冊か読んでいますが、これがいちばん面白かったです。 「風のマジム」「本日はお日柄もよく」と、あと「カフーを待ちわびて」は映画を見た気がする(うろ覚え)。 美術館に勤めていた原田マハさん…

「天上の葦」(てんじょうのあし) 相棒の脚本家による重厚ミステリ

「天上の葦」(てんじょうのあし) 太田愛 角川文庫 2013 相棒の脚本家が描く骨太ミステリ。 デビュー作の「犯罪者」、次の「幻夏」ときて、3人主役シリーズの3作目、一番最新作です。 私がいちばん好きなのは「天上の葦」ですが、どれも良かったー! 太田愛 …

「僕はイエローでホワイトでちょっとブルー」 多様社会をどうやってしなやかに生きるか。

「僕はイエローでホワイトでちょっとブルー」ブレイディみかこ ✳︎おすすめ度高く、最近の読書リスト - tsubatarouのブログから独立させました。 イギリスで子育てするお母さんのエッセイ! 日本じゃ絶対味わわない多様性がもたらすさまざまな出来事に日本人…