tsubatarouのブログ

仕事と育児と、いろいろ。

父のこと

四月某日。

つい先日、父が亡くなった。

2年半続いた肺がんの闘病生活が、ついに終わりを迎えてしまった。

まだ時間が経ってないからか、毎日、夕方になると

寂しい気持ちでいっぱいになる。

父の最期は

自宅療養のなか、気道にまで広がった腫瘍と、肺炎のため、呼吸困難に陥り、

在宅治療のかかりつけ医の判断による、終末期鎮静という手段がとられた。

終末期鎮静は、鎮静剤を断続的に投与し、眠ることで痛みや苦しみを取り除く。

ただ、それは徐々に呼吸抑制がかかってくる。最期は心臓が停止する。死に向かう手段。

鎮静の間は飲む食べるは一切しない。

というか、すでにできない状態故に鎮静が選択される一面もある。

けれど父に意識がないわけではない。

当日朝もまだ会話もできた。

終末期鎮静には本人、家族の理解と承諾が要る。

他界する前日朝、眠る薬を使うこと、使うと痛みや苦しみはなくなるが継続とともに呼吸抑制がかかり死に至ることを、医師は告げたが

父は黙っていた。クビも動かさなかった。

拒否はせず。そして、単発で少量を入れることに承諾。

1時間後に目を覚まし、

「まだ生きてるで」と呟いた。

けれど、夜になって鎮静が切れたのか見ているのも耐え難いような苦痛が続き、翌朝早く、「しんどい…もうええ…」を最後に継続的な鎮静剤スタート。

私はその場にはいず、かけつけた時には、すでに意識もあるようなないような状態で、

お父さん!

話しかけると目は開くが、焦点はこちらを見ているものではない。

手を握る。どんだけ苦しかったろう、怖かっただろうと涙が出る。

調べたら鎮静開始から息をひきとるまでは何日かはかかるとあったから、まだ数日はと思っていたが、

その日の夜、呼吸が浅くなり、心臓が止まった。

継続的な鎮静からしばらくして、胸と気管のゼイゼイはなくなっていたが、口は開けたままだった。

お父さんお疲れさま。

お疲れさま。

人の死を初めて目の当たりにした。

まだ若かった。

総合病院に入院中に腫瘍内科の主治医から、余命1カ月と聞いてから、2カ月と数日が過ぎていた。

父には余命を伝えてなかった。

母も妹も私も。

誰も父の気持ちを考えると

そして絶望してしまうだろう父を見る苦しみを背負う勇気もなく、伝えられなかった。

父は、辛い冬が過ぎて春を迎えることができたから、秋くらいまでは、持つと思ってたみたいだった。

母も私も、もう数週間くらいは、酸素量を増やしたり、オプソを増やしたりしてだましだましでも、時間があると予想していた。

なくなる9日前の主治医の外来でも、かかりつけ医師からも、いつその時がくるかは分からないとは言われていた。

明日かもしれないと。

悔やんでも

もう父はいない。

何を悔やんでるのか。

それも全て後から感じる、ああすれば、こうすればで、仕方ないことで、ただ、

父の最期の意識はいつまであったのか、

最期にどんなこと考えてたのか、

苦しい、しんどい、じゃなかったらいいのに、

前から言っていたみたいに、人生やり尽くして悔いはない、と

思いながらだったらどんなにかいいのに。

でも、私にはなんとなく、父の最期は、

走馬灯を見るなんて、よく聞く死に際なんかじゃなく、

明日もまた朝がきたら起きる当たり前の日常に続いているような、

そんな最期だったんじゃないかと思う。

だから、あれからずっと、昨日も、今日も、父が起きてこないことが、悲しい。

いないことが不思議でならない。

はあちゅうさん問題 大事なのは、反論できない「空気」

セクハラ、パワハラ電通時代の有名先輩を糾弾した騒ぎについて、少し私の考えをば。



はあちゅうさんのファンでもアンチでもないですが、

私は、はあちゅうさんは被害者だと思いますし、アメリカから広まってるmetoo も応援してます。


でも、糾弾すべき方向が違う気がします。


組織にいたら、多少なりの、ん?これパワハラか?セクハラか?な状況は誰もがあるんはじゃないかと思います。

私自身もあります。

実際にどうなのか、て言われたら、個人の言動が、他者を傷つける限りは確かにパワハラ、セクハラにあたると思いますし、訴えるべきだとも思う。


ただはあちゅうさんの件で、気になったのは

相手の岸さんに、その当時、言われ放題、され放題で、はあちゅうさんは、異論反論オブジェクションをなんにもしなかったのか、て部分です。岸さんの言動はいろいろ書いていたけど自身の言動についての言及が見当たらなかったです。


私はそのとき、はあちゅうさんは、どうしたのか、そこが知りたいと思いました。


異論反論はできなかったのか?

したけど聞いてもらえなかったのか?

誰か助けてくれる人はいなかったのか?


一番大事な部分はそこだ、とすら思います。

岸さんは上司ではなかったから、彼女を抑えつけるそこまでパワーがあったのかどうか、でいうと、実際には組織内での権力者であるなら、同じ圧力レベルだとは思います。

だから、相手の愚かな言動に対して、もしかしたら、権力ある先輩に対して一言一句反論できない状況だったかもしれません。


反論してもさらに追い討ちをかけて圧力をかけられていたかもしれません。


言及がないから分からないけど、とにかく、歯向かえていれたら、今こんなことにはなってないでしょうから、結果的には、抑圧から逃れられなかったわけです。


私はそこが一番、セクハラ、パワハラの罪なんじゃなかろうかと思います。


嫌なことを言う上司や先輩はいるもんです。人を子分みたいに扱ったり、振り回す人もいます。


ただ。

その場合に自分の意見をきちんと伝えられるか。拒否したり反論できるか。


これは被害者の気の強さや勇気の話じゃなく、

パワハラ、セクハラの一番の悪は


拒否できない空気

反論できない雰囲気


そういう、語られにくい、目に見えない、

なんとなくそこに前からずっとあって誰もどうにもしてこなかった 

空気

そのものなんだ。


と。

じゃ、そーゆー空気を作ってたんは誰か?


組織です。組織をマネジメントしてきた人たちです。それに異を唱えてこなかった組織メンバーの全てです。



いじめに近いというか。大人版いじめでもいいんだけど、

加害者を社会的に排除したら、よくなるわけではなく、組織自体を改善しないと、そーゆー空気そのものを変えていかないと、結局、同じことは繰り返され続けるし、勇気を出した行動の意味がなくなってしまう。


だから、はあちゅうさんの件を見て、あ、なんか違う方向に行ってしまってるなあ〜〜と。もったいないなー、と残念な気持ちにすらなったり。


でもね、はあちゅうさんが立ち上がった理由は、本当には、そーゆー社会の変革を望んでのことだった、とは感じます。


変革って難しい。

時間がかかる。

忍耐が必要。


ただ、諦めないで、とは思います。













相棒 元旦スペシャル サクラ が思いのほか面白い!

視聴率、てなんなんすかね。

私の視聴は録画だし、そもそも統計に指定されてもないから、視聴率には入りません。


ウェブやらユーチューブやらゆー時代に、既存の計算方法の視聴率の信ぴょう性をまだメディアは問わないんだな。


てなことを、2018年の相棒 元旦スペシャルの視聴率が歴代ワースト2位とかの記事をみてまず思ったことですが。


そもそも、元旦スペシャルが、面白かった!って話です。


相棒はいつからか、レギュラーで見ています!ただ、めっちゃ好き、てよりは、安定感というか、見ないのは寂しいし、な感じ。


何が良いか、てゆーと、右京さんのキャラ!

コナンドイルの推理小説、かの有名な、シャーロックホームズシリーズを一応全巻読破して、感じるのは、右京さんは、ホームズがモデルさんではないか?と。


いやまあ要素はいろんなとこから引っ張って来ているだろし、ロンドンが所縁ある設定だから、分かりやすくホームズ要素が前面にはあるはずです。


で、今年の元旦スペシャルは、近年ではダントツ面白かったです!


右京さんのクライマックスのセリフ。

カッコいい!


あとね、いつもね、社会への批判精神があるドラマなんですが、それがね、今回は特にわかりやすかったです。


陸王を見ていて、ものすごく励みになったのと同じくらい、


ままならない世の中だけど、

自分を信じて生きたいよね



みたいな熱い気持ちになりました。


てことで、脚本、良かった!








相棒 元旦スペシャル サクラ が思いのほか面白い!

視聴率、てなんなんすかね。

私の視聴は録画だし、そもそも統計に指定されてもないから、視聴率には入りません。


ウェブやらユーチューブやらゆー時代に、既存の計算方法の視聴率の信ぴょう性をまだメディアは問わないんだな。


てなことを、2018年の相棒 元旦スペシャルの視聴率が歴代ワースト2位とかの記事をみてまず思ったことですが。


そもそも、元旦スペシャルが、面白かった!って話です。


相棒はいつからか、レギュラーで見ています!ただ、めっちゃ好き、てよりは、安定感というか、見ないのは寂しいし、な感じ。


何が良いか、てゆーと、右京さんのキャラ!

コナンドイルの推理小説、かの有名な、シャーロックホームズシリーズを一応全巻読破して、感じるのは、右京さんは、ホームズがモデルさんではないか?と。


いやまあ要素はいろんなとこから引っ張って来ているだろし、ロンドンが所縁ある設定だから、分かりやすくホームズ要素が前面にはあるはずです。


で、今年の元旦スペシャルは、近年ではダントツ面白かったです!


右京さんのクライマックスのセリフ。

カッコいい!


あとね、いつもね、社会への批判精神があるドラマなんですが、それがね、今回は特にわかりやすかったです。


陸王を見ていて、ものすごく励みになったのと同じくらい、


ままならない世の中だけど、

自分を信じて生きたいよね



みたいな熱い気持ちになりました。


てことで、脚本、良かった!








子育てしながら仕事をしていることで、得られることとは。

ドラマ 営業部長 吉良奈津子

最終回でした。


パパの原田泰造が、仕事も育児も中途半端だったと辞表を出したママの松嶋菜々子に語った、最後のセリフ。


仕事していることで、確かに息子にさびしい思いをさせていることもある。

でも、仕事していることで、息子に教えてやれることもたくさんあるんじゃないか。


これで、3週間くらいは、元気に乗り越えられそう(涙)


結局ここなんすよ。お母さんが気にしているのは。子供にとって、お母さんが働くことが、なんの価値があるのか。経済的な問題をおいて、自分の生きがいややりがいもおいて、ただ子供にさびしい思いをさせているだけだったら、それは本当に価値あることなのか。


ポイントは、「たくさん」。たくさん、すよ。1個2個ちゃう!


これはね、お父さんが仕事している価値にもつながると思います。

経済的な問題は、もちろんあるんですけど、それとは別に、いつかは自立して巣立つ子供に、親が一生懸命に働く姿を見せるのはとても大事だと思います。子供に、親は一生懸命頑張ってるんやな、と感じてもらうことも、生きていくのって一筋縄ではいかないんだな、と感じてもらうことも、欲を言えば、両親が2人で協力して支えあって家族作ってるから私は今、あるんだ、という仕組みを認識してもらえれば、万々歳。


それがなかなかね、難しいんですが。。親も人間だから、て部分もね、16歳くらいになれば分かってほしいやね…  


ともかく私は自分の母親とは全く違う仕事だけど、大人になって振り返ってみたら、やっぱり長いあいだ仕事持って働いてきたお母さんからの影響はものすごく大きいし、母が男女平等な環境でバリバラ仕事してきたことは尊敬する部分でもあります。


かっこいいな、てフツーに思うし。

もちろん、母が、多忙なことから、主婦業が不出来だったり、母としてちょっぴり至らないな、てことも多々あったわけで、未だ、ああはなりたくないやな〜〜(´・_・`)なんて思う部分も正直あります。


母は基本厳しかったし、忙しくしてて、なんでも話せていつも笑顔で世話してくれるような、世の優しいお母さん像と違うことで、自分が初めて妊娠した時に、自分なんかが親になれるのか、卑屈になりもしたし、それを母にぶつけたこともあります。

そういった自分のアイデンティティへの問いかけ作業みたいなことも、多分、自分の子供もするのかもしれない。


なんにしろ、そうやって母も悩んでいたかもしれないし(見た感じ、未だ全く悩んでなさそうだけど)


今になってみれば、仕事を持たず主婦業に専念するという選択が女性にあることを理解した上では、というかそんな女性が多数いて、一般的には、少なからず、未だ、母というものが社会で仕事をすることを良しと思わない風潮すらある現実のなかで、私の母は、よく頑張ってきたなー、と。もちろん父が、女性の社会進出に肯定的だったというか、同志みたいな感じだから、かつ私のおばあちゃん=母の実母と同居していて、おばあちゃんに家事ほとんどを任せれたから、ていう、恵まれた環境ではあったわけですが。


それでも、大変だったんだな、と、同じ立場になってようやく分かることもほんとたくさんあります。

すぐには分からないんですよ。



だから、私の子供がオトナになったときに、自分の家族を持ったときに、オカンも、オトンも頑張ってたんやなー、自分も頑張ってみよかー、て思ってもらえたら嬉しいです。そのために、私はくじけながらも働いていく!


…ドラマ自体はね、営業開発部内のメンバーのキャラをもっと立たせたら、もっと面白かったはず。松田龍平くんしか立ってない。めちゃいい役でしたけども。

までも、家庭の不和、姑、会社の不正、てんこもりでそこまで無理かな…






マイ インターンをやっと観た ※ネタバレあり

さて、劇場に鑑賞しに行ったジャングルブックの上映が機器の不具合で上映が中断し、代わりにTSUTAYAで娘、息子、私の各チョイスでレンタルした映画、

一本目の息子用ベイマックスに続いて、

わたくしチョイスの

上映当時から観たかった

マイ インターン

を観ました!


夜中に1人こっそりと…

2015年アメリカの映画です。


いや、よかった!

アンハサウェイはCEOとしては可愛すぎやがな、と思いつつも、役者はみんないいです。もちろんロバートデニーロ、素晴らしいす。

ITベンチャーと、真面目な70歳インターンという組み合わせは、愉快。


アンがね、旦那と子持ちなんですね。

旦那さんがハウスハズバンドしてくれるんですが…やっぱりなー!

浮気しちゃうんですねー、はいー( ;´Д`)

逆を考えるとね。あるなあと。例えば夫が社長で、家庭を顧みず、妻が不倫もある話なわけで。


ほかにも専業主婦ママたちとの確執とかね。

2015年でこれだから。てアンのセリフは、グッときました(涙) 


でね、インターンデニーロが、めちゃめちゃ助けてくれます。


でも、監督が特典映像で語っていたように、デニーロが優秀だからとかそういうことではなくて、年齢差を超えた友情なんですよ、やっぱり。この映画の大切な要素は。


それは、アンがCEOを外部から選ぶことを迫られて悩み、最後にデニーロに相談して、デニーロが言うセリフが全てを表していると、わたしは思います。


アンが、商品の包装にまで、お客様の視点でこだわる人だから、工場のスタッフに直接指導する社長だから、デニーロはアンを助けたわけで、信頼関係が生まれたわけです。


この映画の良いところは、ただテーマをストーリーで追うのではなく、アンが仕事をきちんとしている点にあると、私は思っています。


これまで、キャリアウーマンのドラマには、その視点が抜けていることがある、と私は思ってました。大好きなsatcでさえ、一体キャリーはそこまでの稼げる仕事をいつどこでこなしているのか?まーライティングしてるぽい場面はあるけど、ちょっぴりお気楽に描かれてはいまいか?という不満はありました。


マイインターンのアンハサウェイは、仕事しまくりだし、トラブりまくりだし、プレイヤーやしマネジャーやし、みるからに大変そうだし疲れています。

 現クールのドラマ 営業部長 吉良奈津子もそうです。

それに比べて、鈴木保奈美さんのノンママ白書は、仕事してる感が希薄だから、なんかノれない( ;´Д`)

演出やシナリオや役者さんが昭和とかバブリーとか、そんなんじゃなく、仕事する話なら、まず前提に、年齢やら会社の人間関係やらより、仕事で悩んでるべきやろと思てまうのです。


てなわけで、マイ インターンはよくできていたし、監督のきめ細やかな感じが好感がもてました!働くお母さん、必見やと思います!










人生初の映画館ハプニングと TSUTAYA

娘と夏休み最後の日に、有給とって、ジャングルブックを見に行きましたらば、

1時間過ぎたあたり、モーグリがサルにさらわれた直後、投影機というのでしょうか、映像が狂い、止まってしまいました!

こんなの初めて!

結局、復旧せず、払い戻しと招待券を配られ終了。はー…。

映画見てる途中で、予期せず中断されるのは、やっぱり残念でした。

どんだけ残念かというと、ジェットコースターに乗っかって今まさに落ちてく〜〜と思っていたら、一瞬で茶の間にいた、みたいなくらいでしょうか。


ま、でも期間中ならなんでも観れる招待券ももらったし、帰りにTSUTAYAにでも寄ってなんか借りよーぜ、てことで残念がりながらもいい思い出にある意味なりました。


TSUTAYAでは、ポイントを使って準新作を無料で借りられたし!

ポイントは近所の薬局と会社のランチご用達のファミリーマート利用でたまってました。2,500円くらい。わー、やったやった!Tポイントカードをマメに出しとくもんだな。

TSUTAYAってつくづくすごいなー、消費のインフラ作ってるな〜と。


娘、息子、私それぞれのものをチョイスしたなかで、早速みたのが、息子用のベイマックス。2014年ディズニー作品。


息子は、ミニオンズで泣き、ファインディングドリー鑑賞の準備として借りてきたファインディングニモを、怖いから観たくないと騒いで途中で消させる、よく分からない感性の持ち主。まあ確かに、しゃべる魚の物語はある意味不気味だけど。


ベイマックスでやろかな…( ;´Д`)と不安ななか観てみると、面白かったらしく、ホッとしました。

途中のベイマックスのおちゃめな動きにはケラケラ笑ってましたよ。

ロボットは好きだから、よかったんでしょうか。メカメカしい映像は抵抗がない彼に比べ、私はメカメカ映像、あまり好きじゃないけど。

でもベイマックスは、メカ映画のなかでは見やすかったです。ベイマックス、フォルムがとてもかわいくて、欲しい!と思いました。

外枠はビニール製なんすね…。

オチがあーいつものパターンやなー、もういらんなー、という、ディズニーアニメの王道だったのがイマイチだったけど、娘も喜んでたし、子供はよかったみたい。


ということで、ジャングルブックから、ベイマックスに変わりましたが、夏休み最後の家族映画鑑賞でした。しかしどれもこれもディズニーやな…。

 招待券で何を観に行くかが問題だ。